国民年金基金の利率とは

『確定拠出年金と国民年金基金』どちらも所得控除になります。
国民年金基金に加入するかどうか!?この事で、悩んでいる人は、国民年金基金の利率についても考慮してみましょう。
国民年金基金の予定利率と言うものがあります。
これが低すぎると、将来、年金として受け取る時に、マイナスになってしまいます。
そんなデメリットがあります。
(汗)それは、インフレが起こると物価上昇率があるので、それに対して利率が負けてしまうと言う事実ですね。
ですから、物価率に対し年金も上がって欲しいですよね。
<国民年金基金について>加入した時点で予定利率がずっと続くきます。
(汗)確定拠出年金については運用した結果により、変動します。
そして、国民年金基金はずっと利率が同じと言うことです。
それでは、過去の利率がどれくらいなのか!?これはかなりの低水準と言えます。
その少し前、2004年までは3%でしたし、1991年に国民年金基金が設立された当初は一番高くて6・5%もありました。
この高利率が、年々、基金運営の運用赤字に伴い下げられてきています。
そんな事実があります。
保険料は月にどのくらい払う?金額より内容!【注意点とは?】