フラット35は延滞してしまう前に相談しましょう

フラット35などの住宅ローンでは、借入額が大きいだけに返済期間も長期にわたります。
35年間かけて返済となると、転職や病気、子どもの進学・結婚など、その時々の人生のステージで何があるかわかりませんね。
フラット35の融資申し込みの時点で無理のない返済方法を計画していても、やむをえず延滞してしまう事もあるかもしれません。
就業状況が変わった、子どもの進学でやりくりが難しいなど、計画通りの支払いが難しい場合には、窓口の金融機関に相談してみましょう。
一定期間月々の返済額を減額し、数年後に増額すると言った方法で、ライフステージに合わせた返済方法に変更する事ができます。
ボーナス時の支払いをやめて月々の返済のみに変更する事も可能です。